光次元アートは悟りへ導く癒しの絵画、スピリチュアルアートです。絵画で人生を切り開く、幸せになりたい人たちのための光の絵画の紹介と販売をしています。

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。Top究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。光次元アートについて究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。近況報告究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。プレゼント・贈物に究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。心のケアに究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。光次元ギャラリー究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。体験・感想究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。商品カタログ究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。
雑誌評論文
美術専門誌等に「光次元アート」が取り上げられています。

真理の探究と人格の向上で世界の平和を

(芸術公論/2003年5月)
 全作に光が満ち満ちている。光は人の心に希望をもたらすばかりでなく、確実に導いてゆく。単にヒーリングと言うだけでは、武田氏の意図を語り切れないであろう。これは、人々を平和に向けて積極的に誘導するミッショナリーとしての作品なのである。それは氏の言葉が明瞭に物語っている。「真のアートは、真理を内包し、魂の進化、人格の向上、社会の発展、繁栄に寄与するものである」
 正にすさまじいまでの真理である。
 掲載作中で筆者は「愛と美と光の天使」と「無限の愛」に特に感銘を受けた。心の底から気持ちを浄化させるすごい作品だからだ。一方「真の発展 無限の愛」では武田氏の力量のすごさをまざまざと感じさせられる。アートは単なる表現行為ではなく、社会に世界に魂を訴えかけて初めてアートの価値がある。武田氏のそれは究極のものである。この素晴らしきヒーリングアートに人間の幸せと世界平和への雄々しき訴えを感ぜずにはいられない。
(文・吉村克彦)
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

国際批評家連盟世界平和大賞
真善美に輝く 光次元空間の創造

(芸術公論/2003年9月)
 武田育雄さんとこの間対談の機会に恵まれ、幸いにもじっくりと芸術談を交わすことができた。心身ともに極めて健康で、明るい希望に満ち満ちている武田さんは、その光にあふれた作品群同様に、真・善・美に輝き、明快な歓談はあっという間に過ぎた。
 「光次元絵画」というものを創造し、在来の家財による陰影表現ではなく、”光”そのものを描く、クールで透明な世界をユニークに示している。
 その次元構造というのは、いままでの地球上の概念での物質を超える九次元にまで至る、釈迦がイエスや空海などの想念に近づく、光やエスプリの世界が対象となっている。
 ある時、根源の光となるタテに走る光線のインスピレーションを受けたときからこの表現は始まり、天命からの啓示のようにして、以来相次いで作品発表を続けている。
 もともとイラストレーターの仕事によって、技術的にも超高度な洗練の域に達していたことも幸いして、イマジネーションを明確に具現することに事欠かさなかった。
 今はひたすら、天井からの神や仏の声を聞くかのように自然に創造のエネルギーが迸り、ひたすら制作に没頭されている。まさに大宇宙との直接的な交感が創造を促している。
 まぶしいばかりに輝く作品の傾向は、具象から、しだいにシンプルな抽象に向かっているようで、なかでもシンメトリィへの信仰はますます冴えた光の空間へと誘ってくれる。
(文・長谷川 栄)
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

愛と美が光輝く世界
光次元絵画 武田育雄 個展

(全日本美術/2002年3月)
  じっと作品を見つめている方が、作品から逆に見つめられている−そんな思いにかられ、しばし立ちすくんでしまったのが上掲の”沈黙の仏陀”である。両目の範囲でカットした大胆な構図だが、この狭い一部分から全体像が想像できる。それ程までに巧く仏陀の内面性を静かにとじられた目に集約せしめているといえるのだが、正にこの瞑想の目の表情が仏陀の世界の入り口かもしれない。エスキースとして、いずれの像を対象としたかは定かでないが、柔和な光をとり入れて眉とまぶた、鼻の影を微妙にコントロールしており、更に額から黄金の光が鼻筋に静かに降り注いでいる。一種オーラの如く絵画空間を包んでいるのである。
 武田育雄は自信の絵画の世界を”光次元絵画”と称している。「西洋・東洋の精神の融合、そして大宇宙の根源の念いからつながるエネルギー 愛・智・無限・希望・善・美・聖なる光」その光の持つ神秘感を絵画につなげようと、宇宙からの光、地球誕生、自然の美等をまばゆい光の中に描き続けてきた。どちらかと云えば、これまでは空想の中の情景をグラフィック処理的工夫で創りあげてきて、光の音楽的なイメージ作品となっており、心地よい癒し系作品に分類できる。
 が、この一点は実景の対象に氏自らの思いを寄せ、自分の中の小宇宙に浮かべようとする大きな転換の一点であると思う。
 この作品は近くNYにて発表予定と聞くが、大胆なカッティングで一部を描くことで全体及びその内面までも捉えようとする試みがどう評価されるのか、大いに楽しみである。
 武田育雄は’50年、兵庫県淡路島の生れ。本格的に絵画活動に取り組みだしたのは’98年、48歳の時からと聞く。その前はイラスト的な仕事に携わっていたのだろう。国際展に出品して連続高位の賞を受賞。’99年日本清興美術協会展で文部大臣賞。今後の展開に注目だ。
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

文藝春秋 平成芸術の鼓動

(2004年10月)
  眉間から煌めく閃光が発せる。まるで太陽!焼けつくようなまばゆい光である。輝ける表情からは人々の平安を祈念する慈しみの心が溢れている。表情から導かれるのは輝かしいばかりの世界である。まさに光次元世界と呼ぶに相応しい。アクリルと岩絵具といったミクストメディアをエアーブラシによって、幻想的に画布に纏め上げる。西洋、東洋の精神的融合が見事なまでに表されている。
 陰影、グラデーションなどディティールが、輝く肌に手触りある質感をもたらしている。確かな表現力が重量感ある骨格を与えている。高度な精神とテクニックが渾然一体となって、神智的領域を漲らせる。人々を優しく照らすような暖かな慈愛の輝き、大宇宙の根源を成す愛の念につながるエネルギー。仏神の念ずる世界、ユートピアと平和で幸福な世の中を願う心が胸を打つ。作者の傾ける思いは、ひたむきかつ深遠である。
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

バイヤーズガイド 2004

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

アートジャーナル 2005 Novembervol.46
愛の光を降り注いでくれる光絵画

 日本清興美術協会理事の武田育雄さんは永らく「光次元アート」の世界を開拓していてその清純な光を感じさせる空間へと気持ち良く誘って頂いている。じっと拝見しているだけで全宇宙的な優しい”愛”の世界へと旅しているようで、浄土にいるような安堵の心を得ることができるから不思議である。大々的なパリ個展を開催して海外で相当な反響があり、また度々の大型国際展にも進んで参加出品してファンの数が増えつつあり、また東京銀座での度々の個展では中々の好評である。人々は日々この光次元アートからパワーを得て、温かい愛に浸っている。救いのちからを持つイメージは、この作品のように美しい如来形や菩薩形の風貌をよりリファインさせたもので、今回はとくに電子版画化して広く普及にこたえる計画である。
(文・長谷川 栄)
究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。

究極の癒しの絵画・スピリチュアルアート・ヒーリングアートです。プレゼントや贈物、ギフトに。絵画で毎日の心のケアに。
TOP光次元アートについて近況報告プレゼント・贈物・ギフトに心のケアに光次元ギャラリー体験・感想紹介商品カタログ
壁紙無料ダウンロード作家プロフィール作家の念い雑誌評論文特商法に基づく表記リンクご利用条件


武田育雄 住所:奈良県生駒市西旭ケ丘18-21 TEL:0743-73-1786 FAX:0743-73-0723 メールアドレス:kohjigen@ikuotakeda.jp
(C) 2005 IKUO TAKEDA. All rights reserved.Never reproduce or republicate without written permission.